Zwei Schauferle mit Klob und eine Kinderportion Schnitzel mit Pommes Frites
5939628ab1b6197a0100247a 5939628ab1b6197a0100247a 5939628ab1b6197a0100247a 5939628ab1b6197a0100247a 5939628ab1b6197a0100247a

Zwei Schauferle mit Klob und eine Kinderportion Schnitzel mit Pommes Frites

¥3,240 税込

送料についてはこちら

For overseas customers|How to order http://bookobscura.com/news/5934167f428f2d39d701d9be Zwei Schauferle mit Klob und eine Kinderportion Schnitzel mit Pommes Frites / Juergen Teller(ユルゲン・テラー) 出版社:Steidl 刊行年:2003年 サイズ:28x22cm ページ:80 p 写真図版47点(カラー36点、モノクロ11点) 言語:独文 状態:初版、ハードカバー、カバー付 title:Zwei Schauferle mit Klob und eine Kinderportion Schnitzel mit Pommes Frites publisher:Steidl publication Date:2003 size:28x22cm pages:80 p 47 plates (color 36 images、black and white 11点) language:German condition:Steidl, 2003. Used-Fine,Hardcover. First edition. hardcover with dust jacket. Juergen Tellerの写真は誰もが一度は目にしているはず。 Marc Jacobsの広告写真は1998年から彼が撮影していて、Marc Jacobsの定番香水であるDaisyの写真など「あぁ、この写真」と解る人が多くいると思います。 彼ほど広告とアートの融合に成功している人はいない気がします。商品の印象が強い広告写真では無く、アートに寄りすぎないけど、商品以外のコンセプトをしっかり感じさせる写真はなかなかありません。 本書は、テラーらしさがそこらじゅうから溢れ出しすぎている写真集で、彼の印象そのものです。 まずは本書のドイツ語で命名されたタイトル。 まったく意味をなしていません。 英語に翻訳してもまったく意味が解りません。 ぶっとんでいます。 ページをめくると出てくるのはポートレイトばかり。 彼の叔父や叔母、そして妊娠しているケイト・モス。 かと思えば、本人のセルフポートレイト(なぜか裸)。 シロクマの人形も、人間と同じようなポートレイト風に撮影しているし、鍾乳洞で撮られた写真は艶っぽく、色々連想してしまう始末。 やはりぶっとんでいるとしか思えない。 少し彼を理解出来たのは、彼のお気に入りの1冊に荒木経惟さんの「センチメンタルな旅」をオススメしていた時でした。 荒木さんと同名で写真集を出している程、荒木さんを尊敬しているテラーだと思うと色々見かたが解ってきて面白いです。 i-D magazineやW magazine、VOGUEなどで活躍しているファッション写真家のイメージですが、荒木さんとの結びつきを知ってからという物、荒木さん系にしか見えなくなってしまいました。 でも、荒木さんとは別の艶っぽさ。これはテラーにしか出せません。 一瞬で人を魅了する1枚1枚の写真に、驚きを隠せない写真集です。 状態はとても美本に近いです。