安井仲治写真集 Nakaji YASUI Photographer 1903-1942
new
5a00096bf22a5b516e000098 5a00096bf22a5b516e000098 5a00096bf22a5b516e000098 5a00096bf22a5b516e000098 5a00096bf22a5b516e000098 5a00096bf22a5b516e000098

安井仲治写真集 Nakaji YASUI Photographer 1903-1942

¥10,800 税込

送料無料でお届けします

その他送料についてはこちら

For overseas customers|How to order http://bookobscura.com/news/5934167f428f2d39d701d9be 安井仲治写真集 Nakaji YASUI Photographer 1903-1942 出版社:共同通信社 刊行年:2004年 サイズ:30 x 23 cm ページ:321 pp 言語:日本語 状態:ハードカバー、カバー・帯付、布装、美本 title: Nakaji YASUI Photographer 1903-1942 publisher:Kyodo News publication Date:2004年 size:30 x 23 cm pages:321 pp language:Japanese condition:TOKYO Kyodo News,2004.Used,Like New,Hard cover with dj and Wraparound band.cloth. 大阪生まれの安井仲治(1903-1942)は戦前を代表する写真家です。 報道写真の、スナップ写真の、とジャンルを示す説明が出来ない写真家でもあります。 1930年代までに出揃った印画法やスタイルを全て吟味して撮影していたからです。 現代では背景を背景を塗りつぶしたり、トーンを変えたりするのは造作でも無い事ですが、データという物が存在しない時代は、顔料を混ぜて感光させる事で画像に手を加えていました。それがピグメント印画法に始まり、写真の現像時における1つの現象である、現像時に露光をある程度過多にすることにより、モノクロの写真作品の白と黒が反転するよう作られたソラリゼーションのような印画方法。 感情を排した冷徹な眼差しで、人間や動物を物体、もしくは、物体のパーツとして捉える新即物主義写真に、決定的瞬間のストレートフォト、演出が加えられているステージド・フォトグラフィ、報道写真に超現実主義のシュールレアリズム写真。 彼の写真を見ていると、これほどまでにジャンルが存在するのかと写真の歴史や写真という表現の教科書を見ている気分になります。 枠にとらわれない自由に被写体を選択し、それに対応した確かな撮影技術を持っていた安井仲治は、「近代日本写真の父」と称されているほど、技巧に走らない、人間的な作品を残しています。 日本の写真家を代表する森山大道が安井仲治へのオマージュをこめた写真集「仲治への旅」を刊行するほど尊敬の意を示していた写真家です。 本書はそんな日本の写真界を先導した安井仲治の生誕百年を記念して開催された大回顧展の際に刊行された写真集になっており、戦争で焼失してしまっている作品も多い安井仲治の初期の作品も掲載されている写真集になっています。 安井仲治のことも分かりやすく説明されているので資料としても1冊持っておきたいそんな1冊です。 状態はとてもよく、目立った傷や傷みはありません。