Portraits / William Eggleston (ウィリアム・エグルストン)
5b07d66c434c722ac20003ac 5b07d66c434c722ac20003ac 5b07d66c434c722ac20003ac 5b07d66c434c722ac20003ac 5b07d66c434c722ac20003ac 5b07d66c434c722ac20003ac 5b07d66c434c722ac20003ac 5b07d66c434c722ac20003ac 5b07d66c434c722ac20003ac 5b07d66c434c722ac20003ac 5b07d66c434c722ac20003ac 5b07d66c434c722ac20003ac

Portraits / William Eggleston (ウィリアム・エグルストン)

残り1点

¥5,400 税込

送料無料でお届けします

その他送料についてはこちら

Portraits William Eggleston (ウィリアム・エグルストン) 出版社:Yale University Press 刊行年:2016年 サイズ:28.2x28.2cm ページ:184p 言語:英語 状態:ハードカバー title:Portraits publisher:Yale University Press publication Date:2016 size:28.2x28.2cm pages:184p language:English condition:Used-like new,Hardcover with dj. 本書は、ロンドンのナショナル・ポートレートギャラリーにて2016年に開催した展覧会に合わせて出版された、ポートレートのみを集めた写真集です。 美術界がカラー写真を認め始めた“ニューカラー時代”を代表する一人として、日常の古き良きアメリカ写真で有名になったエグルストン。 数々の写真集を出しているエグルストンですが、街並みなどの日常に溢れるスナップ写真が比較的多いので、ポートレートのイメージはあまりないのではないでしょうか。 エグルストンのポートレート集はこれまでに「5×7」という、大判の縦位置写真を集めた写真集があるのみで、やっと本棚に入るサイズでポートレートのみを集めたボリュームのある写真集が2016年に刊行されました。 「william eggleston's guide」で出てくる花柄のソファに座ったおばあさんのポートレートはもちろん、「Los Alamos」の表紙にもなっている女の子の左手の写真、さらに未公開の写真も収録されております。 リチャード・アヴェドンの白の背景に被写体がいるモノクロ写真と見比べると、アヴェドンは人間そのものから溢れる生命力を力強く写し取っているように思える中で、エグルストンは街並みや室内などで被写体となるモデルを撮影する事によって、被写体の人生を表現しているように思います。 街並みのスナップ写真で有名になり、今でもその人気は衰える事がないエグルストン。 彼を不動の人気にさせる街並み写真に佇む人々のポートレイトをまとめてじっくり味わうと新しい発見がたくさんです。 エグルストン好きにも、ポートレイト好きにもオススメしたい1冊です。