The Bikeriders / Danny Lyon(ダニー・ライアン)
5c406573c3976c7a4c7f68fd 5c406573c3976c7a4c7f68fd 5c406573c3976c7a4c7f68fd 5c406573c3976c7a4c7f68fd 5c406573c3976c7a4c7f68fd 5c406573c3976c7a4c7f68fd 5c406573c3976c7a4c7f68fd 5c406573c3976c7a4c7f68fd 5c406573c3976c7a4c7f68fd 5c406573c3976c7a4c7f68fd 5c406573c3976c7a4c7f68fd

The Bikeriders / Danny Lyon(ダニー・ライアン)

¥33,000 税込

送料についてはこちら

For overseas customers|How to order http://bookobscura.com/news/5934167f428f2d39d701d9be The Bikeriders Danny Lyon(ダニー・ライアン) 様々な年代で再販され続けているダニー・ライアンの名作中の名作であるThe Bikeridersのオリジナル版です。 1942年ニューヨーク生まれで、大学で歴史を学んだあとは南部の公民権運動を撮影し「The Movement」を出版。 そのあとに彼が取り組んだのが、激変していくアメリカを内側から写そうと社会のアウトローであるバイカーたちに目を向け、4年もの間実際に“シカゴ・アウトローズ” のメンバーとなり集団の内側からスナップしていきます。 本書の前半はバイクレースに参戦するバイカーが写し出され、後半はドキュメンタリー映画を見ている気分になる“シカゴ・アウトローズ”との日々が写し出されています。 アメリカのRoute66でハーレーに乗るバイカーを軽やかにスナップした写真では無いことは歴然で、簡単に撮れる物では無く、バイカーたちとの絆に加えて、そこに見え隠れする社会が目に見えます。 このバイカーの作品の前に撮影していた公民権運動の作品といい、ダニーはいつもアメリカの情勢を捉えようとしていて、バイカーの日常を借りてそれを写していったんだなと思うと、写真の質とは別に、内容の質を感じずにはいられません。 作品を作るってどういうことなのか。 写真を撮るという事の目的の根本とは。 4年もかけた作品なのに、94pある写真集の半分はバイカーのインタビューであり、写真は48点しかありません。 4年もかけたのだから写真はいっぱいあっただろうに。 48枚の作品とインタビュー。これが彼の答えだったのでしょう。 簡単にシャッターはきれますが、その前もその後も何を考えて行動し、何を世に残したかったのか。 本書から、ダニーが何を伝えたかったのか何を残したかったのか紐解く事で多くのものが得られます。 再販版でも良いとは思いますが、オリジナルの質感を見てしまったら記憶に残るのは本書でした。とても貴重なオリジナル版です。次に出くわすタイミングは未知数です。 出版社:COLLIER BOOKS 刊行年:1968年 サイズ:23.7 x 16.3 cm 重さ:244g 梱包後:400g ページ:94pp モノクロ写真図版48点 言語:英語 状態:ソフトカバー、全体的な経年ヤケ title:The Bikeriders publisher:COLLIER BOOKS publication Date:1968年 size:23.7 x 16.3 cm Shipping Weight: 400g pages:94pp language:English condition:COLLIER BOOKS,1968.First Edition,First Printing.Used-Good.Softcover.