suomalaisia tyossa die finnen und ihre arbeit / Martti Haavio(マーティン・ハビオ)
5c416794c49cf3365475ce61 5c416794c49cf3365475ce61 5c416794c49cf3365475ce61 5c416794c49cf3365475ce61 5c416794c49cf3365475ce61 5c416794c49cf3365475ce61 5c416794c49cf3365475ce61 5c416794c49cf3365475ce61 5c416794c49cf3365475ce61

suomalaisia tyossa die finnen und ihre arbeit / Martti Haavio(マーティン・ハビオ)

¥5,400 税込

送料についてはこちら

For overseas customers|How to order http://bookobscura.com/news/5934167f428f2d39d701d9be suomalaisia tyossa die finnen und ihre arbeit Martti Haavio(マーティン・ハビオ) フィンランドに民族詩、神話の研究者であり作家のMartti Haavio(マーティン・ハビオ)が序文を執筆し、フィンランドの産業や働く人々を紹介した写真集になっています。 ハビオの文章部分はフィンランド語、ドイツ語、なぜかスペイン語の言語で記載されています。 1963年刊行の本ですが、写真のパートになると全てカラー写真です。1970年代にアメリカではニューカラー時代となりカラー写真が盛り上がりますので同時期に刊行されていたものとなります。 1963年の写真と言っても、フィンランドは今の印象とちっとも変わらないのが写真から解ります。 豊かな森林、白夜になる空の色、何より全体的に写真が黒を混ぜたような燻んだ色をしているので、ここにも北欧デザインの典型的な色が見える気がします。 写真の内容やハビオの文章から考えるに、ハビオの本としての発売というよりも国や産業会社が作った本にハビオが序文として歴史を伝えている感じです。 写真も全体的に広告写真よりな気がしますが、上手い。 ぱきっとした広告写真というより、日常的なスナップと広告を混ぜたような写真たちです。 フィルムや当時のカメラの時代背景による、ボケやざらつき、淡い感じなのかもしれませんが、それが良いです。 フィルム写真で、こんな素敵な働く企業風景を見れるなんて思いませんでした。 文章部分は99pある20p程なので、ほとんどが写真です。 文章が読めなくとも、楽しめる1冊です。 出版社:G A Serlachius 刊行年:1963年 サイズ:23.8 x 23.4 cm 重さ:604g 梱包後:800g ページ:99pp 言語:フィンランド語、ドイツ語、スペイン語 状態:ハードカバー、プラカバー付、経年ヤケ有 title:suomalaisia tyossa die finnen und ihre arbeit publisher:G A Serlachius publication Date:1963 size:23.8 x 23.4 cm Shipping Weight:800g pages:99pp language:Finnish, German, Spanish condition:G A Serlachius 1963.Used-Hardcover with pp cover.