秋桜子 cosmonco / 荒木経惟(Nobuyoshi Araki)
5c5550136870244fad1ae0bc 5c5550136870244fad1ae0bc 5c5550136870244fad1ae0bc 5c5550136870244fad1ae0bc 5c5550136870244fad1ae0bc 5c5550136870244fad1ae0bc 5c5550136870244fad1ae0bc 5c5550136870244fad1ae0bc 5c5550136870244fad1ae0bc 5c5550136870244fad1ae0bc 5c5550136870244fad1ae0bc

秋桜子 cosmonco / 荒木経惟(Nobuyoshi Araki)

残り1点

¥3,240 税込

送料についてはこちら

For overseas customers|How to order http://bookobscura.com/news/5934167f428f2d39d701d9be 秋桜子 cosmonco 荒木経惟(Nobuyoshi Araki) 恋しかない1冊。 札幌のトークショーの最前列に「センチメンタルな旅、冬の旅」を持って座っていた秋桜子(コスモスコ)さんに一目惚れをした出会いがあって作られた本書。 本書の始まりは空港からタクシーに乗り窓から見える紀行写真から始まります。次にページを捲るとタイトルページになります。そこに写っているのはトークショーの最前列に座るコスモスコさんの写真です。 そして、2日間のデートが始まり荒木さんが東京に戻った後もコスモスコさんとの交流は続き、コスモスコさんでは無い東京での恋人との写真もありますが、コスモスコさんのお写真が突然出てきて「コスモスコ、恋し。」の文字が。 その文字に釣られてなのか、コスモスコさん以外の女性が写っていると、違う!コスモスコじゃない!という気分にこっちが不思議となってくるので、荒木さんもこんな思いだったのだろうかと想像せざるおえません。 ボーイフレンドと留学してしまう場面では1年くらいしたら帰ってくるだろと強気な文字がまた可愛く、荒木さんの読み通り1年後に帰ってきたコスモスコさんの笑顔はなんだか見ているこっちもにやけて来てしまうのです。荒木さんが嬉しそうなこと。 1冊を通して荒木さんの恋が情熱的で、なんか似てるなと思ったらコスモスコさんが持っていた「センチメンタルな旅、冬の旅」に似ているのだと思いました。陽子さんとの出会い、からの旅行。好きな人を見つけた時の荒木さんのカメラの向けかたが似ているのでしょう。 荒木さんの素直すぎる写真や言葉にドキドキしてしまう1冊です。 出版社:小学館 刊行年:1998年 サイズ:24.7×18.8cm 重さ:547g 梱包後:700g ページ: 言語:日本語 状態:初版、ハードカバー、カバー付、帯欠 title:COSMOSCO publisher:SHOGAKUKAN publication Date:1998 size:24.7×18.8cm Shipping Weight:700g pages: language:Japanese condition:SHOGAKUKAN 1998,First Edition.Used-Hardcover with dj.