ダイアン・アーバス作品集 / Diane Arbus(ダイアン・アーバス)
5c78e445a9ac4c03ed5c9784 5c78e445a9ac4c03ed5c9784 5c78e445a9ac4c03ed5c9784 5c78e445a9ac4c03ed5c9784 5c78e445a9ac4c03ed5c9784 5c78e445a9ac4c03ed5c9784 5c78e445a9ac4c03ed5c9784 5c78e445a9ac4c03ed5c9784 5c78e445a9ac4c03ed5c9784 5c78e445a9ac4c03ed5c9784 5c78e445a9ac4c03ed5c9784 5c78e445a9ac4c03ed5c9784 5c78e445a9ac4c03ed5c9784 5c78e445a9ac4c03ed5c9784 5c78e445a9ac4c03ed5c9784

ダイアン・アーバス作品集 / Diane Arbus(ダイアン・アーバス)

残り1点

¥6,480 税込

送料についてはこちら

For overseas customers|How to order http://bookobscura.com/news/5934167f428f2d39d701d9be ダイアン・アーバス作品集 Diane Arbus(ダイアン・アーバス) 夫と連名で何年もの間、「VOGUE」などで撮影仕事をしていた女性写真家のダイアン・アーバス。 彼女は、ウィリアム・クラインがNYを撮影するキッカケになった人物の1人とされている、女性写真家のリゼット・モデルに師事し、ファッション写真家から、個人の作品撮影にのめり込んで行くのでした。 自身の作品として選んだのは「フリークス」 「自分が撮らなければ誰も見えなかったものがあると信じています。」 という言葉で語っている通り、誰もが目を背けてしまうような人たちとカメラを通して向き合う彼女の作品は、1度見たら忘れられなくなるポートレイトです。 そんなダイアンの作品は、写真界にはとどまらず様々な業界に影響を及ぼします。 サイコホラー映画「シャイニング(1980)」にも、本書の表紙の双子に似た子が出てきます。 1967年には、リー・フリードランダー、ゲイリー・ウィノグランドと共に「ニュー・ドキュメンツ展」に参加し、一躍有名になりますが、1971年にダイアンが選択したのは自殺でした。 ダイアンが亡くなられた1年後にMoMA(ニューヨーク近代美術館)で開催された回顧展では、写真史として も写真集としても絶対的となる「.diane arbus.」というカタログが販売されました。 人物を撮影している人は絶対見なければ行けない写真集です。 本書はそのカタログの日本語版になります。 ダイアンへのいくつかのインタビューと、彼女自身が書き記したもの、そして講義の録音テープをもとに編集者れたテキストを日本語で読めるので資料としても適切な1冊です。 日本の法律によって、「女になっている裸の男」「ヌーディスト・キャンプの自宅である朝くつろぐ退職者の夫婦」「スワンのサングラスをしたヌーディストの婦人」「ヌーディストキャンプの森の中の夫婦」の性器部分は■で消去されています。 心にも脳にも鮮明に記憶されてしまう写真を撮ったダイアン。 彼女の魅力を本書から知ってみてはいかがでしょうか。 出版社:筑摩書房 刊行年:1992年 サイズ:28 x 23.2 cm 重さ:781g 梱包後:950g ページ:モノクロ写真80点 言語:日本語、英語 状態:ソフトカバー、カバー付、帯欠、日本語 写真13・裏見返し印あり 写真14・裏表紙汚れ 写真15・天汚れ title:dian arbus works publisher:Chikuma Shobo publication Date:1992 size:28 x 23.2 cm Shipping Weight:950g pages:80 black and white images language:Japanese condition:Chikuma Shobo 1992.Used-Softcover with dj.