マン・レイ展 Man Ray Unconcerned But Indifferent / Man Ray (マン・レイ)
5cc92da8d211bf3bf9d9bede 5cc92da8d211bf3bf9d9bede 5cc92da8d211bf3bf9d9bede 5cc92da8d211bf3bf9d9bede 5cc92da8d211bf3bf9d9bede 5cc92da8d211bf3bf9d9bede 5cc92da8d211bf3bf9d9bede 5cc92da8d211bf3bf9d9bede 5cc92da8d211bf3bf9d9bede 5cc92da8d211bf3bf9d9bede 5cc92da8d211bf3bf9d9bede 5cc92da8d211bf3bf9d9bede 5cc92da8d211bf3bf9d9bede 5cc92da8d211bf3bf9d9bede 5cc92da8d211bf3bf9d9bede

マン・レイ展 Man Ray Unconcerned But Indifferent / Man Ray (マン・レイ)

残り1点

¥1,620 税込

送料についてはこちら

For overseas customers|How to order http://bookobscura.com/news/5934167f428f2d39d701d9be マン・レイ展 Man Ray Unconcerned But Indifferent Man Ray (マン・レイ) 本書は、2010年に国立新美術館で開催された展示の際に発売されていた図録で、マン・レイの生涯を「ニューヨーク(1890-1921)」、「パリ(1921-1940)」、「ロサンゼルス(1940-1951)」、「パリ(1951-1976)」の四つに区切り、時代にそってマン・レイの作品と、その発想源となったモノやイメージも合わせて構成されています。 マン・レイ(1890-1976)は、写真界の神様ブレッソンよりも前に活躍していた画家であり、彫刻家であり、写真家ですが、私は彼を生粋のアーティストだと思っています。なぜならば、後のティルマンスも真似した、印画紙に直接感光させてしまうシリーズなど、カメラやレンズに囚われず、彼の作品を観ているとアートを何で表現するかでしか無いように思えるからです。 そんな彼の脳内と人生を垣間見える本書は、日本語で記載されているのでとても資料としても、アートを知るのにもおすすめの1冊です。 出版社:日本経済新聞社 刊行年:2010年 サイズ:24.5x20.5mm ページ:365pp 重さ:1185g 梱包後:1335g 言語:日本語、英語 状態:展覧会図録、ハードカバー、 title: マン・レイ展 Man Ray Unconcerned But Indifferent publisher:Nikkei Inc. publication Date:2005 size:24.5x20.5mm pages:365pp Shipping Weight:1335g language:Japanese, English condition:Nikkei Inc. 2010. Used-hardcover, Exhibition catalog.