灯台 lighthouse / 木村和平 (Kazuhei Kimura)
5cce730c415a922782e7c1b6 5cce730c415a922782e7c1b6 5cce730c415a922782e7c1b6 5cce730c415a922782e7c1b6 5cce730c415a922782e7c1b6 5cce730c415a922782e7c1b6 5cce730c415a922782e7c1b6 5cce730c415a922782e7c1b6 5cce730c415a922782e7c1b6 5cce730c415a922782e7c1b6 5cce730c415a922782e7c1b6 5cce730c415a922782e7c1b6 5cce730c415a922782e7c1b6 5cce730c415a922782e7c1b6 5cce730c415a922782e7c1b6

灯台 lighthouse / 木村和平 (Kazuhei Kimura)

¥4,860 税込

送料についてはこちら

For overseas customers|How to order http://bookobscura.com/news/5934167f428f2d39d701d9be 灯台 lighthouse / 木村和平 (Kazuhei Kimura) *** 高速なスライドショーのようなものとは違う。 「走馬灯」という言葉もしっくりこない。 例えるならば、故郷の海でみた灯台が放つ光。 光をまとったイメージの塊が、 ゆっくりと弧を描いて迫ってくるような感覚だ。 木村和平(「灯台」あとがきより) *** 風景、人物、様々な被写体をモノクロで撮影している写真たちで構成された本書は、1年前に刊行されたカラー写真の「袖幕」に対をなす写真集です。 私はこの木村さんのモノクロ写真を見た時に、2019年を思い返した時に真っ先に思い浮かんでしまうモノクロ写真になるなと思ったのです。 1968年に創刊されたprovokeは、今ある東京を作った高度経済成長の真っ只中で、汗の匂いを感じる男のアレブレボケであり、その時代に生きた人だからこそ、より理解出来た表現だったように思うのです。 木村さんの写真を見ていてアレブレボケを感じますが、張り詰めた気持ちにはならず、始終なんだか心地よく感じてしまうのは、現代のジェンダーレスで様々な形がある事を受け入れ始めた時代を象徴するかのような柔らかさに思えたのです。 時代は変わっていきます。この時代は後にも先にもありません。 写真は残ります。写真は残せます。その時代を。 私は、木村くんの写真で2019年を残したいと思います。 2冊揃いになっているコチラもご覧下さいませ。 https://bookobscura.com/items/5cce6671272bd0743075ea24 出版社:aptp 刊行年:2019年 サイズ:18.8 × 24.3 cm 重さ:382g 梱包後:550g ページ:80pp 言語:日本語、英語 状態:初版、ハードカバー、布装 title:lighthouse publisher:aptp publication Date:2019 size:18.8 × 24.3 cm Shipping Weight:550g pages:80pp language:Japanese,English condition:First edition, New-hardcover,slipcase,cloth. /////配送に関して///// ポスト投函をして、指定配達先のポストまでの配達となります。