DE ONTDEKKING VAN JAPAN / Ed van der Elsken (エド・ヴァン・デル・エルスケン)
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/15

DE ONTDEKKING VAN JAPAN / Ed van der Elsken (エド・ヴァン・デル・エルスケン)

残り1点

¥44,000 税込

送料についてはこちら

*店頭でも販売している商品となります。万が一ご注文の商品がお品切れ等の理由でお届けができない場合は、メールにてご連絡いたします。 For overseas customers|How to order http://bookobscura.com/news/5934167f428f2d39d701d9be DE ONTDEKKING VAN JAPAN Ed van der Elsken (エド・ヴァン・デル・エルスケン) オランダ出身の写真家で、ブレッソンが創設した写真家集団マグナムのプリンターとしてフランスに働きに来ていたエルスケン。 フランスで若者が集う場所にて『セーヌ左岸の恋』を撮影し、彼の初の写真集となるその写真集は、世界で初めての小説のような作品集として今日まで世界各国で刊行され有名な写真家になりました。 そんな彼の名作の写真集はこぞって本書のような真四角のサイズで、30cm程の大きさになっています。 エルスケンと言えば、大きな身長だから両足を広げて低く腰をおろしてローライを構えて、ショーウィンドーに写った自分を撮っている写真が有名です。 ローライで撮影した四角の作品も35mmの作品も並べれる彼なりの適切な写真集のサイズが本書の写真集を含めこのサイズなのかもしれませんね。 そんな大きさで......エルスケンの撮影した日本を見れるのが嬉しい1冊が本書なのです!エルスケンが撮影した日本は、日本の出版社さんからも出ているのですが、この大きさで丸っと1冊日本というのは珍しいのです。 エルスケンが日本を撮っていたことはとても有名です。 その写真たちと言ったら「外国人が撮影した日本」とは思えない写真ばかりなのです!なんでそう思うのか、写真が上手すぎるのは大前提としまして、写っている被写体がこちらに向ける表情が大きな身長の異国人に見せる表情ではないからかと。 きっと彼の眼差しが被写体をそうさせたのでしょう。 そう思うと、エルスケンがいかに日本という場所を愛して下さったのかが解ります。 日本のストリートスナップを数多く見ている人ほど見てほしい1冊です。 ストリートに放ってはいけない写真家という異名を持つ彼がどう日本を捉えていたのか、とても勉強になるかと思います。 なかなか見かけない貴重な写真集となりますので、また見つからなくなる前にお手元にいかがでしょうか。 出版社:FRAGMENT 刊行年:1988年 サイズ:30.3x30.3cm 重さ:1830g 梱包後:1980g ページ:154pp 言語:オランダ語 状態:初版、ハードカバー、カバー付き、小冊子付 title:DE ONTDEKKING VAN JAPAN publisher:FRAGMENT publication Date:1988 size:30.3x30.3cm Shipping Weight:1980g pages:154pp language:Dutch condition:First Edition, Used-Hardcover with DJ, Booklet. ●発送日、送料、支払い方法はQ&Aより https://bookobscura.com/faq