deja-vu 931010 No.14 季刊写真誌『デジャ=ヴュ』14号 / 『プロヴォーク』の時代 、アンゼルム・キーファー
5e131065d790db4430d79f95 5e131065d790db4430d79f95 5e131065d790db4430d79f95 5e131065d790db4430d79f95 5e131065d790db4430d79f95 5e131065d790db4430d79f95 5e131065d790db4430d79f95 5e131065d790db4430d79f95 5e131065d790db4430d79f95 5e131065d790db4430d79f95 5e131065d790db4430d79f95 5e131065d790db4430d79f95

deja-vu 931010 No.14 季刊写真誌『デジャ=ヴュ』14号 / 『プロヴォーク』の時代 、アンゼルム・キーファー

残り1点

¥5,500 税込

送料についてはこちら

For overseas customers|How to order http://bookobscura.com/news/5934167f428f2d39d701d9be deja-vu 931010 No.14 季刊写真誌『デジャ=ヴュ』14号 特集1:『プロヴォーク』の時代 特集2:アンゼルム・キーファー PROVOKEの資料はもうこの1冊で良いのでは?と思います。 1990年に創刊した、写真評論家である飯沢耕太郎さんが編集長を務めていた雑誌です。 本書は第一特集がPROVOKEを紐解く特集になっており、まず、多木浩二さん、中平卓馬さん、高梨豊さん、森山大道さんのプロフィールと共に、作品を紹介する所から始まります。ここだけでも一見の価値ありだというのに、まだ続く豪華さ。 司会の八角聡仁さんを軸に「なぜ今プロヴォークなのか?」を題材に、多木さん、大島洋さん、飯沢さんで、対談をされているのですが、時代背景も踏まえてとても詳しく理解出来てきます。 からの、プロヴォークを創刊した多木浩二さん、中平卓馬さん、高梨豊さん、森山大道さんにそれぞれインタヴューが始まるのですが、中平さんの会がめちゃくちゃ面白いのです。なんてたって、記憶無くしたあとですから。 改めて中平さん自身の写真を見て貰って、インタビューしているので、回答がめちゃくちゃ面白いのです。 もう満腹だというのに、更に東松照明さんにプロヴォークについてインタビューしているのです!!!これがもう!!!!東松さんがプロヴォークメンバーとの出会いを含めて語っておられるのです。 もうこの辞典でお腹いっぱいどころか、恐れ多すぎて神棚に飾りたくなります。崇拝対象です。 2019年に改めて復刻したプロヴォーク。 その奥深さを本書で紐解いてみてはいかがでしょうか。 出版社:photoplanet 刊行年:1993年 サイズ:29.7×22.8 cm 重さ:859g 梱包後:1000g ページ:167pp 言語:日本語、英語がある部分もあります 状態:古書、ソフトカバー、雑誌、表紙に若干の反れ有 title:deja-vu 931010 No.14 [PROVOKE] publisher:photoplanet publication Date:1993 size:29.7×22.8 cm Shipping Weight:1350g pages:519pp 272 images.color photography language:Japanese/English in some parts condition:Used-Like New,Softcover ●発送日、送料、支払い方法はQ&Aより https://bookobscura.com/faq