Self Portrait / Lee Friedlander(リー・フリードランダー)
5e9d2548bd21784934ded4c4 5e9d2548bd21784934ded4c4 5e9d2548bd21784934ded4c4 5e9d2548bd21784934ded4c4 5e9d2548bd21784934ded4c4 5e9d2548bd21784934ded4c4 5e9d2548bd21784934ded4c4 5e9d2548bd21784934ded4c4 5e9d2548bd21784934ded4c4 5e9d2548bd21784934ded4c4 5e9d2548bd21784934ded4c4 5e9d2548bd21784934ded4c4 5e9d2548bd21784934ded4c4 5e9d2548bd21784934ded4c4 5e9d2548bd21784934ded4c4

Self Portrait / Lee Friedlander(リー・フリードランダー)

¥4,950 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

For overseas customers|How to order http://bookobscura.com/news/5934167f428f2d39d701d9be Lee Friedlander: Self Portrait Lee Friedlander(リー・フリードランダー) 本書は1970年に出版された初版の復刻版になります。 現代では、"セルフィー"という言葉は当たり前のように使われていますが、当時は大変珍しかったと思います。 完全な自分のセルフィーだけで作られた写真集は他に類を見ないからです。 2000年に入ってから、森山大道さんが真似していたくらいでしょうか。 彼は、この作品だけを一連で撮っていたわけではなく、仕事の合間に撮影していたと語っています。 ガラス越しの椅子に影で座る自分、地面に生える草で髪や石で胸などを表現した自分、女性の後ろ姿に影としてストーカーのように映る自分、電球に顔を隠した自分、クスッと笑ってしまう作品から、アーティステックな作品まで飽きる事なく続いています。 運転している自分、という写真に関してはセルフタイマーで車のボンネットにカメラを置いて撮っているのですが、顔が真顔でよくこの顔で撮れたな、と彼のユーモアに笑わずにはいられません。 外国人特有の遊び心溢れるユーモアがあるからこそ、出来る作品なのだなと、とても楽しい写真集です。 リー・フリードランダーはアメリカ写真界を語る上で、無くてはならない大変有名な写真家で、彼の写真には伏線が多く、表現が何層にも重なって1枚になっていたりと、とてもシンプルのように見せかけて難しい写真のイメージだったのですが、本書で合間、合間に自分も息抜きしていたんだなと人間らしさを垣間見ることができました。 類を見ない写真集として、ポートレイトのお手本としておすすめする1冊です。 出版社: Museum of Modern Art、MoMA 刊行年:2005年 サイズ:25x26cm 重さ:770g 梱包後:920g ページ:104pp 写真図版モノクロ48点 言語:英文 状態:復刻版、ハードカバー、カバー付(カバースレ極少有) title:Lee Friedlander: Self Portrait publisher: Museum of Modern Art、MoMA publication Date:2005 size:25x26cm Shipping Weight:920g pages:104pp 48 black and white photography language:English condition:Re Printed. Hardcover. Used - Fine/ with dust jacket. Paper over boards.