[新刊]知覚の感光板 (La plaque sensible) / 鈴木理策 (Risaku Suzuki)
original
5ebca8f355fa0318785ac75b 5ebca8f355fa0318785ac75b 5ebca8f355fa0318785ac75b 5ebca8f355fa0318785ac75b 5ebca8f355fa0318785ac75b 5ebca8f355fa0318785ac75b 5ebca8f355fa0318785ac75b 5ebca8f355fa0318785ac75b 5ebca8f355fa0318785ac75b 5ebca8f355fa0318785ac75b

[新刊]知覚の感光板 (La plaque sensible) / 鈴木理策 (Risaku Suzuki)

¥8,800 税込

送料についてはこちら

For overseas customers|How to order http://bookobscura.com/news/5934167f428f2d39d701d9be [新刊] 知覚の感光板 (La plaque sensible) 鈴木理策 (Risaku Suzuki) 『知覚の感光板』は、19世紀に起こった「写真の誕生」につよい刺激を受けて、それに反応しながら新たな絵画を模索した一連の画家たちが訪れ制作した場所を、鈴木が巡って撮影した58点の作品から構成されています。 そのテーマのシンプルさから、『知覚の感光板』は、これまでの鈴木作品に親しんできた方はもちろん、写真・アート・表現に関心のあるすべての方が惹き付けられる大きさを湛えた作品集となっています。 しかし、同時に、『知覚の感光板』が、驚異的なまでの緊密さと深さを携えた、鈴木理策のひとつの到達点とも評しうる作品であることはお伝えしておかなくてはなりません。それは、この作品が、鈴木がデビュー以来一貫して持ち続けてきた独自の関心と方法論の結晶とも言えるからです。巻末に寄せた作者自身によるテキスト「知覚の感光板」で、鈴木は次のように書いています。 カメラという機械による知覚は身体を持たないため、行動のために像を映し出さないという純粋さを持っている。 撮影時に現れているこの純粋さをその後プリントという物質の状態までいかに残すことができるか、それが私の作業のモチーフである。 この純粋さを手に入れられれば、写真を見ることは拡がりだけでなく、深さを持った経験になるのではないか。対象から何事かを感覚し、感応することは深さの経験であり、深さは見るたびに新しく生まれる。 (鈴木理策「知覚の感光板」より抜粋) 出版社:赤々舎 刊行年:2020 サイズ:246mm × 342mm ページ:112pp 言語:日本語、英語 状態:新刊、初版、ハードカバー title:La plaque sensible by Risaku Suzuki publisher:Akaaka publication Date:2020 size:246mm × 342mm pages:112pp language:Japanese,English condition:New-Hardcover ●発送日、送料、支払い方法はQ&Aより https://bookobscura.com/faq