張り込み日記 Stakeout Diary / 渡部雄吉(Yukichi Watanabe)
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/15

張り込み日記 Stakeout Diary / 渡部雄吉(Yukichi Watanabe)

残り1点

¥5,500 税込

送料についてはこちら

*店頭でも販売している商品となります。万が一ご注文の商品がお品切れ等の理由でお届けができない場合は、メールにてご連絡いたします。 For overseas customers|How to order http://bookobscura.com/news/5934167f428f2d39d701d9be [プリント欠・特装版] 張り込み日記 Stakeout Diary / 渡部雄吉(Yukichi Watanabe) みるからに一般人ではなさそうなスーツに、探偵のようなトレンチコートとハンチングという、あきらかな格好をした男性2人。 屈強そうながら、どこか優男的な雰囲気が俳優を思わせます。 タイトルの「張り込み」という言葉から、彼らが刑事が探偵の類であることが想像は出来るのですが、タイトルに頼らずとも写真全てがあまりにも印象的で、誰もが創造出来るシーンばかりなので、ドラマを見ている気分になってきます。 勝手に脳内で作り込みの写真なのかと思ってしまいますが、本書は本物の刑事さんに密着した作品集なのです。 写真家・渡部雄吉は、昭和33年(1958年)に茨城県水戸で発生したバラバラ殺人事件の捜査にあたる、警視庁捜査1課の刑事と、事件が発生した茨城県警から派遣された刑事に密着します。 時々、お仕事の邪魔しないようにしているのか盗撮ちっくな構図もあり、その臨場感がたまりません。よくあるシーンと思ってしまうほどの安定した完璧な構図力は群を抜いて素晴らしいです。 ドキュメントなのですが、それ以上のエンターテイメントもあり、写真集の楽しさを増幅している作品です。 本書は、Roshin Booksから3種類の表紙で造られた1000部限定で、内100部がスリーブケースとプリントがセットになっていた特装版です。 本来ならば、バライタのオリジナルプリントがついているのですが、こちらは書籍のみとなっております。 出版社:Rosin book 刊行年:2013年 サイズ:30.5x23cm ページ:104pp 言語:英語、日本語 状態:古書、特装版、限1000部(内スリーブケース付きは100部)、ハードカバー、筒函付、プリント欠、筒函シミ有 title:Stakeout Diary publisher:Rosin book publication Date:2014 size:30.5x23cm pages:104pp language:English, Japanese condition:First edition of 1000 copies,including 100 copies in Slipcase. Special Edition without original print, Used-Hardcover with a case. ●発送日、送料、支払い方法はQ&Aより https://bookobscura.com/faq