Gone? / Robert Adams (ロバート・アダムス)
5f477df3afaa9d08401f9e9c 5f477df3afaa9d08401f9e9c 5f477df3afaa9d08401f9e9c 5f477df3afaa9d08401f9e9c 5f477df3afaa9d08401f9e9c 5f477df3afaa9d08401f9e9c 5f477df3afaa9d08401f9e9c 5f477df3afaa9d08401f9e9c 5f477df3afaa9d08401f9e9c 5f477df3afaa9d08401f9e9c 5f477df3afaa9d08401f9e9c 5f477df3afaa9d08401f9e9c 5f477df3afaa9d08401f9e9c 5f477df3afaa9d08401f9e9c 5f477df3afaa9d08401f9e9c

Gone? / Robert Adams (ロバート・アダムス)

¥5,500 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

For overseas customers|How to order http://bookobscura.com/news/5934167f428f2d39d701d9be Gone? Robert Adams (ロバート・アダムス) アメリカを代表する写真家ロバート・アダムス。 1974年の37歳の時に自身3作目となる、かの有名な「THE NEW WEST」を刊行し、翌年、アダムスが38歳の時に、スティーブン・ショアとベッヒャー夫妻と並んで「ニュートポグラフィー」展に選出されるという偉業を成し遂げる。 ちなみに、ショア様がUncommonを刊行するのは1982年で、エグルストンがGuideの展示をするのが1976年。 これで、少し歴史の前後が解るかな。 本書は、大学時代を過ごしたコロラドの失われゆく荒野を撮影した作品たちで構成されています。 なぜ荒野は無くなっていったのか、何をしてしまったのか、アダムスは語りかけているようです。 柔らかな光の中に線画の美しさにも似た、奥行きあるモノクロ写真。 グレーの諧調を見るだけで、アダムスだなと解ってしまいます。 白とグレーで構成出来る写真とは?是非、その目でお確かめ下さい。 出版社:steidl 刊行年:2010 サイズ:25.8x26.2cm 重さ:1070g 梱包後:1220g ページ:116pp 言語:英語 状態:初版、ハードカバー、カバー付き、美本 title:Gone? publisher:steidl publication Date:2010 size:25.8x26.2cm Shipping Weight: 1220g pages:116pp language:English condition:steidl 2010. First edition, Used-Like New.Hardcover with dj. ●発送日、送料、支払い方法はQ&Aより https://bookobscura.com/faq