[新刊] 新乗宇宙 Space Odyssey to Come / 富澤大輔(Daisuke Tomizawa)
original
5f9a6e4fb00aa3041f4f5e68 5f9a6e4fb00aa3041f4f5e68 5f9a6e4fb00aa3041f4f5e68 5f9a6e4fb00aa3041f4f5e68 5f9a6e4fb00aa3041f4f5e68 5f9a6e4fb00aa3041f4f5e68 5f9a6e4fb00aa3041f4f5e68 5f9a6e4fb00aa3041f4f5e68 5f9a6e4fb00aa3041f4f5e68 5f9a6e4fb00aa3041f4f5e68 5f9a6e4fb00aa3041f4f5e68 5f9a6e4fb00aa3041f4f5e68 5f9a6e4fb00aa3041f4f5e68 5f9a6e4fb00aa3041f4f5e68 5f9a6e4fb00aa3041f4f5e68

[新刊] 新乗宇宙 Space Odyssey to Come / 富澤大輔(Daisuke Tomizawa)

¥4,510 税込

送料についてはこちら

For overseas customers|How to orderhttp://bookobscura.com/news/5934167f428f2d39d701d68be [新刊] 新乗宇宙 Space Odyssey to Come 富澤大輔(Daisuke Tomizawa) 『僕はこの当然の「権利」に、胸が誇りでいっぱいになった』 --- 2020年1月11日。 香港でのデモが日々続き、 未知のウイルスの存在に少しずつ世界が視線を向け始めた頃、 台湾では『中華民国総統選挙』が行われた。 この選挙は台湾の事実上の独立状態を継続する姿勢の民進党と、 中国(中華人民共和国)との関係の強化を主張する国民党の どちらが選ばれるかという大きな岐路に立たされたものだった。 台湾人の父と日本人の母の間に生まれてから16歳までを台湾で過ごした富澤は、 選挙が近づく日々に緊張と憂鬱をいつも頭のどこかに抱えながら、 生まれ育ったその土地を撮影した。 --- いま、あらゆる言説が私達を“大きな主語”でくくり分断する。 「あなた」が「あなた」でなくなり、 「わたし」が「わたし」ではなくなっている。 政治は私達の「外側」にある気がする。 本来極めて個人的な私の中に存在する、私という「政治」を見失う。 この本は、あらゆる“小さな主語”の中にしかない目に見えないことを、 気づかせてくれ、忘れさせてくれ、また思い出させてくれる。 巻末には中国人の韩梅梅による短編小説、『傍晚五点的对话』を収録。 2020年、台湾・中国・日本それぞれに過ごす「わたし」による視線が幽かな交錯をした一冊になっている。 --- ◎韩梅梅『傍晚五点的对话』◎ 中国のどこかにある「晏州」――。 「国内の循環を主体に経済発展を」というスローガンもと、 気づくと町は静かに着実に変わっていっていた。 そんな町に、それぞれ留学の経験を経て帰ってきた「アリ」と「ダチョウ」。 これはそんな二人の、フィクションより奇妙な日常の夕暮れ時の立ち話。 出版社:私家版 刊行年:2020年 サイズ: 210 x 276 cm(A4判変形) ページ:136pp 言語:日本語・中国語 状態:新刊、ソフトカバー、帯付 title:Space Odyssey to Come publisher:Self Published publication Date:2020 size:210 x 276 cm pages:136pp language:Japanese, Chinese condition:New-Softcover with a wraparound band. ●発送日、送料、支払い方法はQ&Aより https://bookobscura.com/faq