[新刊/NEW] あたらしい窓 The Other Side of the Window / 木村和平(Kazuhei Kimura)
original
5fba4571b00aa33845bd494d 5fba4571b00aa33845bd494d 5fba4571b00aa33845bd494d 5fba4571b00aa33845bd494d 5fba4571b00aa33845bd494d 5fba4571b00aa33845bd494d 5fba4571b00aa33845bd494d 5fba4571b00aa33845bd494d 5fba4571b00aa33845bd494d 5fba4571b00aa33845bd494d 5fba4571b00aa33845bd494d 5fba4571b00aa33845bd494d 5fba4571b00aa33845bd494d 5fba4571b00aa33845bd494d

[新刊/NEW] あたらしい窓 The Other Side of the Window / 木村和平(Kazuhei Kimura)

¥4,620 税込

送料についてはこちら

*店頭でも販売している商品となります。万が一ご注文の商品がお品切れ等の理由でお届けができない場合は、メールにてご連絡いたします。 For overseas customers|How to order http://bookobscura.com/news/5934167f428f2d39d701d9be [新刊/NEW] あたらしい窓 The Other Side of the Window 木村和平(Kazuhei Kimura) 『袖幕』、『灯台』を経て新作『あたらしい窓』がいよいよ刊行されます。 表紙に貼られた写真が全てを物語っているように思うのですが、被写体となった女性のとある時期までをまとめた1冊になっています。 1人の女性にスポットをあてて1冊にまとめた写真集は数多くありますが、私は本書を見ていてその女性の話では無いのだなと思いました。『袖幕』、『灯台』と見てきて、本書でやっと木村和平さんという人物を理解したように思うからです。 人を写していても、その被写体の目や思考に映るのは写真家であり、近い存在の人ほど、自分を映し出す鏡であるからなのかもしれません。 何事も簡単に調べられる時代ではありますが、簡単に調べられないものが自分自身であり、人であり、彼であり彼女であると、ふとそんなことを思ってしまいました。 *** 近い存在であるはずのひとが、動物が、風景が、ふいに遠く感じることがある。それは寂しさや不確かさ、そして触れがたさとなって、短い風のように目の前に現れる。いくら被写体とカメラの距離が近くても、ひとがこちらに笑いかけていても、遠いときはとことん遠い。間に窓があるみたいに、みえるのに触れない。  写真はそれらを静かに、そして鮮明に提示してくれるものだが、理解につながるかは別の話だ。わからないことをわからないままにできるとき、私はとても落ち着いている。  これはなにも暗い話ではない。もちろん悲しくもあるけれど、親愛のなかにある距離を、どこか眩しく思う。 木村和平 *** 出版社:赤々舎 刊行年:2020年 サイズ: 上製本・B5変形 ページ:120pp 状態:新刊、ハードカバー ●発送日、送料、支払い方法はQ&Aより https://bookobscura.com/faq