1970年代 NIPPON / 北井一夫 (Kazuo Kitai)
original
60384e83aaf0431f84be670b 60384e83aaf0431f84be670b 60384e83aaf0431f84be670b 60384e83aaf0431f84be670b 60384e83aaf0431f84be670b 60384e83aaf0431f84be670b 60384e83aaf0431f84be670b 60384e83aaf0431f84be670b 60384e83aaf0431f84be670b 60384e83aaf0431f84be670b 60384e83aaf0431f84be670b 60384e83aaf0431f84be670b 60384e83aaf0431f84be670b 60384e83aaf0431f84be670b 60384e83aaf0431f84be670b

1970年代 NIPPON / 北井一夫 (Kazuo Kitai)

¥3,850 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

*店頭でも販売している商品となります。万が一ご注文の商品がお品切れ等の理由でお届けができない場合は、メールにてご連絡いたします。 For overseas customers|How to order http://bookobscura.com/news/5934167f428f2d39d701d9be 1970年代 NIPPON / 北井一夫 (Kazuo Kitai) 戦後の日本の経済成長は目まぐるしく景気も盛んになり、結果1968年には総理府が農業人口が2割を切ると発表しています。 そんな中で北井さんは、北は北海道、南は沖縄まで日本各地の失われゆく農村の人たちの生活を記録し始めます。NHKの放送が始まり、新幹線が動き出し、夢のような産業が次々と出てくる中で、日本の「ふるさと」の風景を撮り続けた北井一夫さん。 これらの作品は1974年から77年までアサヒカメラで連載され、1976年にアサヒカメラ別冊版「村へ」、1980年に淡交社版「そして村へ」として刊行されました。 本書はそんな「村へ」の決定版となり、撮影された73年から81年までの2545本におよぶネガの中から北井さんによって選び直され、再編集されています。 北井さんが残したかった「ふるさと」は50年近く経っても残っていると思うと、写真集ってやっぱり凄いなと思いますし、何より「ふるさと」の定義や原風景という表現は現代でも多くテーマとして上げられるので、50年前の日本の残す意味と今の「ふるさと」の意味は全く異なって、また面白さが増してきます。 三方、ページに若干のヤケが見られますが中の作品に問題はございません。 出版社:冬青社 刊行年:2001年 サイズ:24.5x18.5cm ページ:228pp 言語:日本語、英語 状態:古書、初版、ソフトカバー、カバー付、三方ヤケ有 title:1970's NIPPON publisher:Tosei-sha publication date:2001 size:24.5x18.5cm pages:228pp language:Japanese, English condition:Used-Good, Softcover with a dust jacket. ●発送日、送料、支払い方法はQ&Aより https://bookobscura.com/faq