[新刊/NEW] DOUBLE ORBIT / Grégoire Pujade-Lauraine ( グレゴワール・プジャド・ロレイン )
original
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/13

[新刊/NEW] DOUBLE ORBIT / Grégoire Pujade-Lauraine ( グレゴワール・プジャド・ロレイン )

¥4,400 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

*店頭でも販売している商品となります。万が一ご注文の商品がお品切れ等の理由でお届けができない場合は、メールにてご連絡いたします。 For overseas customers|How to order http://bookobscura.com/news/5934167f428f2d39d701d9be DOUBLE ORBIT / Grégoire Pujade-Lauraine ( グレゴワール・プジャド・ロレイン ) 気持ち悪いけど、気持ちの良い写真集。 建築物を全体的ではなく、近距離で◯や□や△など形や線として抜き出しているかのような作品たちです。撮影している写真たちはまるで絵のようで、絵本に出てきそうな不思議な世界にも見えてきます。 見ている世界は立体的なはずなのに、どうみても平面的に見えます。 絵のように、平面のように撮る方法とは一体。 影をよく見ているとどうやっているのか解ってくるのも本書の面白い点です。 単行本より少し大きなサイズの見た目と、やはり絵本と思える表紙の絵が可愛らしく飾っていても素敵でした。 立体物を見ているはずが、平面なので気持ち悪いですが、なぜだか見ていて楽しい気持ちになり読み終わったあとはスッキリ気持ちの良い気分になる1冊です。 *** フランス人フォトグラファー、グレゴワール・プジャド・ロレイン(Grégoire Pujade-Lauraine)の作品集。意味不明な記号、秘密の通路、幽霊が出そうな建物などが多く詰まった小さな世界を描いた一冊。 西洋の巨大都市の周辺部を探索して撮影された作者の写真は、人間が暮らし、その生活を形作っている建造環境(built environment)をつぶさに見つめ、表面に刻まれた、あるいは影の一部になっている秘密の記号を明るみに出す。 どこか不気味な雰囲気が漂う形は簡単に分類されることを拒み、大きすぎる鍵、黒いコンクリートの月、無限に広がる神殿の幻影など、謎めいた暗号がいつまでも消えない薄闇から時折浮かび上がってくる。 一見すると都市環境のありふれたディテールを捉えただけのようにも思えるイメージを一度に眺めてみると、組み合わせることで初めて意味が呼び覚まされるタロットカードのような終わりのない寓意となっている。 本書には、ある1つの奇妙な世界が提示されている。そこでは、世界を慎重に作り上げてきた人間の意思とは無関係に不可解な事物が立ち現れ、良く知っているはずの環境の表面に曖昧な秘密がまとわりついていることがほのめかされている。 「1枚1枚の写真は見過ごされた都市環境の平凡な部分をただ写し出しているようにも見えるが、これらを合わせると、建物がどのようにして社会を反映し形作っているかについての物語が立ち現れてくる」 ―ICON Magazine 「プジャド=ロレインは人の手による環境を研究し、結末のない寓話を明らかにするために隠された意味を持つ記号を探している」 ―Aesthetica 「プジャド=ロレインは、都市のあらゆるところに存在している奇妙なモダニスト的な構造を指し示し続ける。ミニマリストの彫刻やブルータリズムのコンクリートの塊が渦を巻き、私達を取り囲む」 ―photo-eye 出版社:MACK 刊行年:2021年 サイズ:17.5x23cm ページ:32pp 言語:英語 状態:新刊、ハードカバー、サイン入 title:DOUBLE ORBIT publisher:MACK publication date:2021 size:17.5x23cm pages:32pp language:English condition:New, Hardcover, Signed. ●発送日、送料、支払い方法はQ&Aより https://bookobscura.com/faq