日本現代写真史 1945-95 / 渡辺眸(Hitomi Watanabe)、東松照明(Shomei Tomatsu)、森山大道(Daido Moriyama)、ほか
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/15

日本現代写真史 1945-95 / 渡辺眸(Hitomi Watanabe)、東松照明(Shomei Tomatsu)、森山大道(Daido Moriyama)、ほか

¥5,500 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

*店頭でも販売している商品となります。万が一ご注文の商品がお品切れ等の理由でお届けができない場合は、メールにてご連絡いたします。 For overseas customers|How to order http://bookobscura.com/news/5934167f428f2d39d701d9be 日本現代写真史 1945-95 / 渡辺眸(Hitomi Watanabe)、東松照明(Shomei Tomatsu)、森山大道(Daido Moriyama)、ほか 本書は、戦後の日本写真の全体像を記録した決定版です。 長野重一、北井一夫、植田正治、木村伊兵衛、奈良原一高、細江英公、東松照明、石元泰博、森山大道、荒木経惟、古谷誠一...。 報道・宣伝写真やストリートスナップ、ポートレート、アートなどさまざまなジャンルで活躍した有名作家、無名作家400名と890点におよぶ作品がたっぷりと収録されています。 戦後の日本の時代背景とともに写真の歴史を学ぶことができる読み応え間違いなしの1冊となっています。 厚さ4.4cm,672ppにも及ぶ本書ですが、531ppまでほとんど文章ではなく写真が掲載されており歴史書かと思いきや写真で見せる日本写真史と言って問題ないかと思います。 535ppから約100ppに及ぶ解説がとても読みやすいデザインとなっており、柳本尚規さんが海外作家のこれまでの影響をブレッソンからフランクと言った順で文章にて説明され、写真集の年代記では木村伊兵衛さんからhystericから刊行された森山大道さんまでの写真集を金子隆一さんが辿っています。 本書の日本写真史の年表がとても見やすく1945年から1998年までを76ppに渡って「写真史」と「写真関係データ」、「世界史と日本史」で別けて説明しており、様々な目線で写真史を紐解けます。 23pにもおよぶ作家の略歴・作品データの一覧のページだけでも価値ある1冊となっています。 日本の写真史だけでも知りたい!という人にとてもおすすめの1冊です。 出版社:平凡社 刊行年:2000年 サイズ: 22x30.5cm ページ:672pp 言語:日本語 状態:古書、初版、ハードカバー 、函付、布装 title:The History of Japanese Contemporary Photography 1945-95 publisher:Heibn sha publication date: size:22x30.5cm pages:672pp language:Japanese condition:Used- ●発送日、送料、支払い方法はQ&Aより https://bookobscura.com/faq