[新刊/NEW] Our Lives and Our Children / Robert Adams (ロバート・アダムス)
original

[新刊/NEW] Our Lives and Our Children / Robert Adams (ロバート・アダムス)

¥5,720 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

*店頭でも販売している商品となります。万が一ご注文の商品がお品切れ等の理由でお届けができない場合は、メールにてご連絡いたします。 For overseas customers|How to order http://bookobscura.com/news/5934167f428f2d39d701d9be [新刊/NEW] Our Lives and Our Children / Robert Adams (ロバート・アダムス) アメリカを代表する写真家の1人、ロバート・アダムスによる作品集。 彼の作品は、大量生産・大量消費の時代への突入を背景にアメリカ西部の郊外住宅地を淡々と捉えた「NEW WEST 」をはじめ、森林破壊をテーマにしたり、自然そのものの美しさを捉えたりというランドスケープ写真が特徴的です。 その中でも本書は、珍しく人物がメインの被写体となっている1冊です。 被写体となっているのは、大型スーパーの駐車場に行き来する子供連れの家族。なかでも、本書のタイトルにある「Our Lives And Our Children(私たちの生活、私たちの子供達)」とあるように、アダムスは、日常の中の子供たちの存在を強く引き立たせています。 本作品を見て気になるポイントは「目線」。 駐車場で立ち話をしている人や通りすがりの人の写真は、大人たちを見上げる子供ような低い目線で撮影されていることがわかります。そして撮られている大人たちは、アダムスが撮影していることすら全く気付いていない様子です。もしかすると、カメラを腰より低く持ち、ノーファインダーで撮影していたのかもしれませんし、しゃがんで撮っていたかもしれません。カメラと同じ目線の子供たちはアダムスのカメラに気付いていたのか、こちら(カメラ)を見ている子の写真がいくつかあります。 一見、単に子供目線で撮影したという作品にも見えますが、実はここにもアダムスの環境や社会問題に対する想いが含まれています。 ある日、アダムスはコロラド州の「ロッキーフラッツ核兵器製造工場」から煙が出ているのをみて、煙に含まれているかもしれない放射能の恐怖に怯えたそうです。結局、その日の煙は工場の外部の火災によるものだとわかりましたが、このことが本作品をつくるきっかけとなったのです。煙の中にもし本当に放射能が含まれていたら...という恐怖が彼の頭から離れなかったのでしょう。 その事実を知った上で再度写真集をめくっていくと、核兵器や放射能という危険が人々の日常生活のすぐそばにあることの深刻さに気付いているのだろうかということへの問いや、子供たちの未来を守りたいという想いが込められているのではないかと想像することができます。 写真集の後半にある大人の顔だけを捉えた写真は、被写体の目線が空の方向を見ている写真が数枚収録されています。もしかすると、その目線の先には、あの日の工場の煙があったのかもしれませんね。 ある大きなテーマに対して事件的な瞬間や場所をストレートに表現するのではなく、人々を通して表現した、たくさんの想像をかきたてられる1冊となっております。 写真家の「目線」と、被写体の「目線」。 目線が違うことでどのような「気付き」や「表現」になるのかその眼でお確かめ下さい。 出版社:Steidl 刊行年:2018年 サイズ:27x24cm ページ:123pp 言語:英語 状態:新刊、ハードカバー、カバー付、布装 title:Our Lives and Our Children publisher:Steidl publication date:2018 size:27x24cm pages:123pp language:English condition:New. Hardcover with dust jacket. Cloth. ●発送日、送料、支払い方法はQ&Aより https://bookobscura.com/faq