MAKING HISTORY Selected Photographs 1980-2010 / Andrew Moore (アンドリュー・ムーア)
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/15

MAKING HISTORY Selected Photographs 1980-2010 / Andrew Moore (アンドリュー・ムーア)

¥16,500 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

*店頭でも販売している商品となります。万が一ご注文の商品がお品切れ等の理由でお届けができない場合は、メールにてご連絡いたします。 For overseas customers|How to order http://bookobscura.com/news/5934167f428f2d39d701d9be MAKING HISTORY Selected Photographs 1980-2010 / Andrew Moore (アンドリュー・ムーア) アメリカの写真家アンドリュー・ムーアは、自然が作り上げた時間の経過をテーマにしていることが多く、その写真たちが広く評価されている写真家です。 本書は2010年に開催された展示に合わせて刊行された限定500部の写真集で、30年間に渡って彼が撮影してきた、廃墟など誰かが使っていたであろう痕跡の残る場所を撮影した作品が見れる写真集になっています。 「廃墟」と聞くと、おどろおどろしい「怖い」場所というイメージになってしまうかと思いますが、ムーアの作品はため息がつくほど美しいのです。 あまりの美しさに自分が「廃墟」を見ていることを忘れてしまうくらいに。 煌びやかな人たちが集まって、眩しい演目を開催していたであろう今では廃墟と化してしまった劇場などが撮影の舞台になっているのですが、過去に使用されていた頃の美しさを想像させる余裕もあり、廃墟となったからこその美しさもそこに佇んでいて、「わー!」という感動から、スーッとその世界を静かに眺めていられる時間に変わります。 私的ではありますが、写真家やアーティストが凄いなと思う瞬間の1つは「怖い」や「汚い」などのマイナスの要素を「美」に変えられる所だと思います。 彼の「美」の特徴はその色の美しさと共に、画面の構図力だと思います。 美しすぎて、本物かどうか疑ってしまうくらいなので、まるで世界を紙で作ってしまうThomas Demandの写真にも思えてくるほど。 無限の色をその画面に収めてあってもゴチャゴチャさせず、パースを引いているのかな?と思ってしまう位、水平・平行が保たれ、そして唾を飲んでしまうほどの奥行き感があっても、画面に入っている1つ1つの大小のアイテムを撮りこぼしてない繊細さ。 この1枚になるまで、どこまで何を考え見抜いているのか想像するだけで恐ろしい人です。 本書はA4サイズより一回り大きな作りになっており、見開きで写真を掲載しているページもあるので、彼の細かな仕事を存分に目視できます。 工事現場、夜景、工場地帯など撮影している人には必見の写真集です。 肉眼をはるかに超える作品に脳にも心にも刺激を与えてみてください。 出版社:Reflex Gallery 刊行年:2010年 サイズ:35x24.8cm ページ:112pp 言語:英語 状態:古書、限定500部、ハードカバー 、カバー付、布装 title:MAKING HISTORY Selected Photographs 1980-2010 publisher:Reflex Gallery publication date:2010 size:35x24.8cm pages:112pp language:English condition:Used-Good, Limited Edition of 500 copies, Hardcover with dust jacket, Cloth. ●発送日、送料、支払い方法はQ&Aより https://bookobscura.com/faq