[新刊/NEW] 大竹昭子随想集『超二流の写真家『センチメンタルな旅』から五十年を生きる荒木経惟』
original
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

[新刊/NEW] 大竹昭子随想集『超二流の写真家『センチメンタルな旅』から五十年を生きる荒木経惟』

¥990 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

*店頭でも販売している商品となります。万が一ご注文の商品がお品切れ等の理由でお届けができない場合は、メールにてご連絡いたします。 For overseas customers|How to order http://bookobscura.com/news/5934167f428f2d39d701d9be 大竹昭子随想集 『超二流の写真家『センチメンタルな旅』から五十年を生きる荒木経惟』 副題に「『センチメンタルな旅』から五十年を生きる荒木経惟」とあるように、荒木経惟の写真の神髄を『センチメンタルな旅』から説きおこしていく1冊です。 タイトルの「超二流」という言葉は、かつて著者が荒木におこなったインタビューのなかで、彼が自分自身について述べたものです。芸術は自己表現だが、写真表現は相手を写しだすものであり「二流」だ、という意味ですが、その考えがはじめて形にされたのは、妻陽子との新婚旅行の道行きを写した『センチメンタルな旅』でした。 巻末には、片目の視力を失しながらも、日々、写真を撮り続けている荒木の現在をインタビューでお伝えします。発売日は、荒木の八十一歳の誕生日である五月二十五日です。 出版社:カタリココ文庫 刊行年:2021年 サイズ: 10.5x148cm ページ:80pp 言語:日本語 状態:新刊、ソフトカバー、並製、カバー無し ●発送日、送料、支払い方法はQ&Aより https://bookobscura.com/faq