[新刊/New] Cottonwoods / Robert Adams(ロバート・アダムス)
original
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/15

[新刊/New] Cottonwoods / Robert Adams(ロバート・アダムス)

¥5,390 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

*店頭でも販売している商品となります。万が一ご注文の商品がお品切れ等の理由でお届けができない場合は、メールにてご連絡いたします。 For overseas customers|How to order http://bookaobscura.com/news/5934167f428f2d39d701d9be Cottonwoods / Robert Adams(ロバート・アダムス) 1937年アメリカ生まれのRobert Adams(ロバート・アダムス)。 彼の作品の多くは「森」や「樹々」が多いです。 ただ美しく「樹々」を切り抜いているのではなく、その「森」事態がアメリカの歴史的に重要な場所だったり、その「樹々」が実は・・・なんてことが詰まっている作品が多いのです。 本書のタイトルにもなっている「Cottonwood」は、ネイティブアメリカンであるインディアンの人々が崇拝していた樹々でありました。 夏至に行われる最大の儀式はCottonwood(和名:ハコヤナギ)の若木を中央に建てる所から始まったそうです。 アダムスが住むコロラド州の自宅から何十マイルも広がっていたCottonwoodの森は、住宅建設の為に水路を作るという理由で伐採の対象になって徐々に朽ち果てていきました。 この樹々はもしかしたら、インディアンたちが建てたものかもしれず、彼が撮影し始めた1973年当時は近隣の人々の休憩場所であり、大切にされていた写真があります。 撮影が進んでいくにつれ、工事車両と伐採されゆく森や、水路が通されていく森になっています。なんと撮影は1991年まで続いています。 彼がどれくらいの信念を持ってこの森を写真という形で残そうとしたのか明白です。 写真の内容、話しの内容、並びともに満足する1冊で、 樹木の肌を引き立たせるような雲ひとつない空、葉っぱの力強さをや柔らかさが伝わる繊細なグラデーション、白と黒のコントラストが強いモノクロではなく、グレーを重視している方は本当に勉強になることばかりです。 お手元にお守りのように持っていたい1冊です。 出版社:Steidl 刊行年:2018年 サイズ:28x30cm ページ:96pp 言語:英語 状態:新刊、ハードカバー、カバー付、布装 title:Cottonwoods publisher:Steidl publication date:2018 size:28x30cm pages:96pp language:English condition:NEW, Hardcover with just jacket, Cloth ●発送日、送料、支払い方法はQ&Aより https://bookobscura.com/faq