IMAGENES DE LA SUPERFICIE DE LA TIERRA / Wim Wenders(ヴィム・ヴェンダース)
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/21

IMAGENES DE LA SUPERFICIE DE LA TIERRA / Wim Wenders(ヴィム・ヴェンダース)

¥7,700 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

*店頭でも販売している商品となります。万が一ご注文の商品がお品切れ等の理由でお届けができない場合は、メールにてご連絡いたします。 For overseas customers|How to order http://bookobscura.com/news/5934167f428f2d39d701d9be IMAGENES DE LA SUPERFICIE DE LA TIERRA / Wim Wenders(ヴィム・ヴェンダース) ドイツの映画監督でもあり写真家でもあるWim Wenders(ヴィム・ヴェンダース)が、2002年にニューヨークにあるグッゲンハイム美術館で展示をした際に刊行されたスペイン語版の本書。 なんと本書には、奈良で撮影された写真が入っているのです。 タイトルから10pほど続くテキストの最後に、奈良の唐招提寺に鎮座する鑑真像鑑真和上坐像の写真から始まることにドキっとせざるおえないのですが、そこから6枚程、竹林の写真や氷河のような水色の美しさがある岩、唐招提寺の室内と続きます。 日本に続いてモンタナの建物をクローズアップしたような写真になるのですが、アメリカの画家でSteohen Shoreを始め多くの写真家に影響を及ぼしたEdward Hopperの絵の中に飛び込んだような気分にさせます。 構図や色味がまさしくEdward Hopperだからでしょうか。人がいないので映画の中のセットにも思えてくる、現実世界なのか解らない感覚もあります。 その後もニューメキシコやテキサスなどのアメリカの風景から、オーストラリア、アルメニア、テルアビブ、エルサレム、ベルリン、ハバナなど様々な国で撮影された写真が続くのですが.....やはり映画のセットやシーンに見えてきます。 写真の下に撮影年とキャプションがあるので、どこで撮影されたのかすぐに見てしまう面白さもあり、そのキャプションが映画の中ではなく現実の世界だと連れ戻してくれる重要なポイントでもあります。 Wim Wendersのポラロイドも素晴らしいですが、絵画や映画にしか見えなくなる水平・平行がしっかり固まった本書のような作品も絶対ですよね。 スペイン語のテキストなんて読めない!と思いますが、写真が多く、国名などの名称は同じなので難なく読めます。 非日常感を与えてくれるので、ふと開きたくなる1冊、お手元にぜひ。 出版社:Schirmer / Mosel 刊行年:2002年 サイズ: 26.3x27cm ページ:123pp 言語:スペイン語 状態:古書、ハードカバー、天小口若干のヤケ有、裏表紙に若干の汚れ有 title:IMÁGENES DE LA SUPERFICIE DE LA TIERRA publisher:Schirmer / Mosel publication Date:2002 size:26.3x27cm pages:123pp language:Spanisch condition:Used-Like New,Hardcover ●発送日、送料、支払い方法はQ&Aより https://bookobscura.com/faq