ROCK DIARY / Hedi Slimane (エディ・スリマン)
original
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/20

ROCK DIARY / Hedi Slimane (エディ・スリマン)

残り1点

¥44,000 税込

送料についてはこちら

*店頭でも販売している商品となります。万が一ご注文の商品がお品切れ等の理由でお届けができない場合は、メールにてご連絡いたします。 For overseas customers|How to order http://bookobscura.com/news/5934167f428f2d39d701d9be ROCK DIARY / Hedi Slimane (エディ・スリマン) 本書はイヴ・サン・ローランなどを経て、ディオールのデザイナーを7年間勤めていたHedi Slimaneによる、スペイン東海岸ベニカシムで3日間行われる音楽フェスティバル「International Festival of Benicassim(インターナショナル・ベニカシム・フェスティバル)」を撮影した写真集になっています。 表紙に金・銀・黒の印刷をあしらい「人やモノのポートレート作品」、「ロックフェスティバルで撮影されたスナップ」、「エッセイ集」で分けられた3冊が夫婦箱になった箱に入り、その佇まいが美しい作品集でもあります。 "洋服は16歳から取り組み始めたが、写真は11歳から撮影している。人が考えをメモしたり書くのと同じようにいつも写真を撮っている”と語っている、フランス・パリ生まれのHedi Slimane。 YSLを復活に導き、メンズウェアに革命をもたらした彼が自身の活動拠点とも言える、ファッション、アート、ロックの全てを垣間見れるような本書は彼の記憶で彼の脳とも言えるようで、彼自身を垣間見ているような気分になります。 特に感動したのはポートレートの1冊。 シルクの光沢感やベルベットの触り心地などを解っているデザイナーの彼だからこそなのか、質感を捉えるのが素晴らしく上手く、また彼もそこに目を向けているのが解ります。 被写体になっている人の髪の毛や皮膚、旗めく布のドレープなどモノの質感が触りたくなるほど美しくずっと観ていられる作品たちなのです。 「質感」を捉えるということは、そのモノの質感の美しいポイントを知っているからであり、その美しさを魅せる技術力も持った彼に脱帽です。 ポートレートを撮影している方、バンドマンを撮影している方、ライブ会場を撮影している方にお勧めしたい1冊です。 箱に若干の凹みとシミがありますが、中の写真集は特に問題はございません。 出版社:JRP Ringier 刊行年:2008年 サイズ:28.5x21.7cm ページ:表紙ゴールド: 88pp / 表紙シルバー:104pp / エッセイ: 32pp 言語:英語 状態:古書、ソフトカバー、3冊揃い、夫婦函付、函シミ有 title: ROCK DIARY publisher:JRP Ringier publication date:2008 size:28.5x21.7cm pages:Gold: 88pp / Silver:104pp / Essay: 32pp language: English condition: Used-Good, Softcover with a case, 3 books. Foxed. ●発送日、送料、支払い方法はQ&Aより https://bookobscura.com/faq Update.10/06