original
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/15

Bye Bye Photography / 森山大道(Daido Moriyama)

¥6,600 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

*店頭でも販売している商品となります。万が一ご注文の商品がお品切れ等の理由でお届けができない場合は、メールにてご連絡いたします。 For overseas customers|How to order http://bookobscura.com/news/5934167f428f2d39d701d9be Bye Bye Photography / 森山大道(Daido Moriyama) \こんな人にオススメ!/ ・躍動感のある写真がお好きな方 ・文庫本サイズがお好きな方 ・パラパラと見やすい写真集がお好きな方 ・雑誌がお好きな方 ・森山大道さんの写真が怖かった人 中平さんとの対談入ってるーーーーー! という雄叫びからあげたくなる本書。 「写真よさようなら」の初版に入っていた中平さんと森山さんの対談。 2006年に刊行されたパワーショベル版では全て無くなっていたので、この2012年講談社から刊行された版には入っていたことに歓喜でした。 この版は新書版に近いサイズなので、持ち運びに楽で電車の中で大道さんの写真を読んでられるのも嬉しいし、この対談も読んでいられるので、なんて嬉しいサイズなんだ!とW歓喜です。 といっても3cmも分厚さがあるので、小さいバックの人には不向きなのですが、3cmもあると言っても開きやすく、女の私の手で開いていても苦ではないので、持ち運び楽かと思われます。 昭和の時代の雑誌のような、黄ばみがあって少し厚い繊維感もある紙に印刷されているので、白の部分が黄みがかっていて、紙にインクが沈んでいるのでハッキリとした黒や白にはなっていません。 でもそれが、この作品の印象にあっている気もして、怖さとか恐れとか、あまりにも凄すぎて太刀打ち出来ない力強さが薄まっているように思い、雑誌をみるような軽やかな気分で見れるのが良いと思いました。 2006年のパワーショベル版はツヤのある白と黒のコントラスト強めで黒の中のグラデーションもバッキバキに出ているので、写真の主張が目に飛び出して来ます。まさしく、ブラックコーヒーとカフェラテレベルで違う印象です。 見比べてみても面白いのですが、主張が強すぎて森山大道さんの写真があまり見れなかった人は本書がおすすめかと思います。 写真よさようなら ¥11,000 税込 https://bookobscura.com/items/61efbe9f423f6a5191421416   出版社:講談社 刊行年:2012年 サイズ: 18×11.2cm ページ: 言語:日本語、英語 状態:古書、初版、ソフトカバー、カバー・帯付、美本 title:Bye Bye Photography / Daido Moriyama publisher:kodansha publication Date:2012 size: 18×11.2cm pages: language:Japanese,English condition:Used-Like new,First edition,Softcover with a dj. ●発送日、送料、支払い方法はQ&Aより https://bookobscura.com/faq

セール中のアイテム