original
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/15

[新刊サイン入/New,Signed]HIGH & LONESOME / Nathan Pearce(ネイサン・ピアス)

8,140円

送料についてはこちら

*1 店頭でも販売している商品となります。万が一ご注文の商品がお品切れ等の理由でお届けができない場合は、メールにてご連絡いたします。 *2 当サイトの画像や商品紹介文章等の情報を転載、複製、改変等は禁止しております。 For overseas customers|How to order https://bookobscura.com/news/5934167f428f2d39d701d9be HIGH & LONESOME / Nathan Pearce(ネイサン・ピアス) \こんな人にオススメ!/ ・Mark Steimetzなどの作風がお好きな方 ・コントラスト強めな写真がお好きな方 ネイサン・ピアースは過去10年間、故郷であるイリノイ州フェアフィールドを拠点に、主にローファイなジンや本のシリーズを制作してきた。ピアースが中西部南部の田舎町とそこに住む人々に傾倒していることは当初から明らかで、退屈な中西部の子供がアルコール依存症の歯科医院の待合室で『ナショナル・ジオグラフィック』の古本に出会うような、興味深くエキゾチックな世界をその場所に見出すことに成功している。ピアースの世界は静かで、どこにも行けず、何もすることがないような、刺激過多のタイプはパニック発作を起こしがちな場所だ。しかし、『High & Lonesome』に収められた静かな写真には、中西部の田舎の神話を受け入れつつも覆すような、神秘と献身を育むという、まぎれもなく、ほとんど破壊的な執政行為が行われている。 静かな写真だが、完全に沈黙しているわけではない。その向こうからは、自然界が巻き起こす時計じかけのような騒々しさや、寂しく遠い交通の波音が聞こえてくる。広告カレンダーの1993年1月のページの写真は、琥珀の中に閉じ込められたようなこの場所の適切な比喩である。これらの写真には、21世紀がパルプSF小説からまだ遠い悪夢以外の何物でもないことを示すものはほとんどない。ウィリアム・ガスは『The Heart of the Heart of the Country』の中で、こう書いている。"もちろん、私たちの驚きをかき立てるものはどこにでも十分にある。十分に強く、十分に勤勉で、十分に鋭敏で、忍耐強く、十分に親切であれば、必要なものは何でもある。"と。High & Lonesome』は、必要なものは何であれ、そのマスタークラスである。 Nathan Pearce(ネイサン・ピアース)アメリカ、1986年生まれ。 イリノイ州南部を拠点に活動するアーティスト、写真家。本やジンの制作、写真撮影を手がける。ティム・カーペンターとの共作でデッドビート・クラブから出版された『Still Feel Gone』に続き、『High & Lonesome』はピアースにとって初のソロ・モノグラフとなる。 ピアースの出版物は、MoMA、The Met、Museum of Contemporary Photography、Center for Creative Photographyなど、複数のアーティストの書籍や図書館に所蔵されている。また、PhotoNola festival、Cedarhurst Center for the Arts、Nizhniy Tagil Museum of Fine Arts、シカゴのThe Range- finder Galleryなどで個展を開催。200冊以上の書籍、ZINE、展覧会カタログに掲載され、オンラインではハフィントン・ポスト、ブリティッシュ・ジャーナル・オブ・フォトグラフィー、Juxtapozに掲載されている。 出版社:DEAD BEAT CLUB 刊行年:2023年 サイズ:26x26cm ページ:84pp 言語:英語 状態:新刊、ハードカバー、Duotone Offset、サイン入 title:HIGH & LONESOME / Nathan Pearce publisher:DEAD BEAT CLUB publication date:2023 size:26x26cm pages:84pp language: condition:New,Hardcover,Duotone Offset,Signed ●発送日、送料、支払い方法はQ&Aより https://bookobscura.com/faq ●当サイトの画像や商品紹介文章等の情報を転載、複製、改変等は禁止しております。

セール中のアイテム