[新刊/SIGNED] CIPRIAN HONEY CATHEDRAL / Raymond Meeks(レイモンド・ミークス)
original
5f6ec3424b083918d309cb21 5f6ec3424b083918d309cb21 5f6ec3424b083918d309cb21 5f6ec3424b083918d309cb21 5f6ec3424b083918d309cb21 5f6ec3424b083918d309cb21 5f6ec3424b083918d309cb21 5f6ec3424b083918d309cb21 5f6ec3424b083918d309cb21 5f6ec3424b083918d309cb21 5f6ec3424b083918d309cb21 5f6ec3424b083918d309cb21 5f6ec3424b083918d309cb21 5f6ec3424b083918d309cb21 5f6ec3424b083918d309cb21

[新刊/SIGNED] CIPRIAN HONEY CATHEDRAL / Raymond Meeks(レイモンド・ミークス)

¥9,900 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

For overseas customers|How to order http://bookobscura.com/news/5934167f428f2d39d701d9be [サイン入/SIGNED] CIPRIAN HONEY CATHEDRAL Raymond Meeks(レイモンド・ミークス) 写真が良くて、「出たーまた光が綺麗系!」と興奮して仕入れて来たのですが、何度も見て、表現を感じ取って調べて見たら、表現に納得。 写真の内容も、表現の内容もすんばらし過ぎて、濃厚な1冊見つけちゃいました。 先日、当店で大爆発した「赤ちゃん写真集」と同じ美しさがあって、女性を写していても女性の女性的な姿形の話しをしている訳では無いと、写真でとても理解出来ます。 アルフレッド・スティーグリッツがオキーフを撮影していた写真に近いと言った方が解りやすいかもしれません。やはり絵画的です。 アメリカ人フォトグラファー、レイモンド・ミークス(Raymond Meeks)が奥様で同じ写真家であるアドリアナ・オルト(Adrianna Ault)を撮影しているのですが、彼は元々、視覚や意識、理解の境界が接する点を詩的に描き出した作風で知られており、今回も意識の間のような内容です。 奥様意外の家の周りで撮影された写真もまた同じで、意識の間、そして眠っている奥様もまた意識の間。 意識の下で休息している奥様を写していても、お互い認識する事はなく、理解することも敵わない。ロミオとジュリエットのような、少し不穏で悲しい内容にも思えます。 意識の間を意識した写真だからこそ、見ている私たちがリラックスした気持ちで向き合えるのかもしれません。 出版社:MACK 刊行年:2020年 サイズ:300 x 240 mm ページ:96p 言語:英語 状態:新刊、ハードカバー、プラカバー付 title:CIPRIAN HONEY CATHEDRAL by Raymond Meeks publisher:MACK publication Date:2020 size:300 x 240 mm pages:96p language:English condition:New,Hardcover ●発送日、送料、支払い方法はQ&Aより https://bookobscura.com/faq