news

【gallery】Studio Journal Knock 7 “Ephemeral Paradise”

西山勲さんが1年ぶりにbookobscuraに帰って来ます!

世界のアーティストを訪ねる「Studio Journal Knock」7冊目となる最新号「Ephemeral Paradise(エフェメラル・パラダイス)」の発売に合わせた、リリース・エキシビションを開催します。

8月18日(日)にはオープニングレセプションを開催いたしますので、皆さまお誘い合わせのうえ是非ご来店下さいませ。

*展示のスタートにあわせて、8月15日から一般発売に先がけbook obscura店頭に新刊が並びます。一足早く最新号を手にとっていただる機会です。

/////開催概要///// 

タイトル:Studio Journal Knock 7 “Ephemeral Paradise”

期間:2019年8月15日(木)~9月9日(月) 12:00-20:00
※火曜・水曜日は定休日

“Ephemeral Paradise”

眩しい光を反射する褐色の大地、咲き乱れる花々と祈りの声、乾いた潮風と羊肉の匂い。

2019年春、僕は真っ青な地中海に面する北アフリカの国々をめぐった。過酷な幼少期に見た光の記憶を詠う詩人、自らの身体を素材に痛みを表現する芸術家、教室を舞台に学徒と秘密の創作劇を繰り広げたフォトグラファー、政治・社会的事象を風刺的神話として綴じなおす芸術家、ネオコロニアリズムと宇宙的視野で対峙するコラージュ・アーティスト─。

スタジオ・ジャーナル・ノック 7冊目となる『エフェメラル・パラダイス』では、地中海に面するモロッコ・チュニジア・エジプトと北アフリカの国々を旅した。各地で出会った個性豊かな芸術家たち、彼らと過ごした親密な時間と、そこで交わした会話、創作と向き合う姿を、美しいランドスケープとともに一冊に綴じ込んだ。

〈 Featured artists 〉
Mo Baala / Khadija El Abyad / LRNCE / Hicham Benohoud / Yesmine ben Khelil / Hela Lamine / Beya Khalifa

●商品名:Studio Journal knock 7: Ephemeral Paradise
●発売日:2019年8月30日(金)発売
●定価:2,500円+税
●装丁:無線綴じ・A4横型 変形版(W250×H210mm)
●項数:160ページ
●発行部数:2,000部

*当店では8月15日(木)より先行販売いたします

/////イベント詳細/////
・8月18日(日)14:00-20:00 オープニングレセプション
ドリンクや軽食をご用意してお待ちしております。どうぞお気軽にお越しください。

*予約不要
*参加費無料
*knock最新号の先行販売あり

・8月31日(土)18~20時 トークイベント
新刊「Ephemeral Paradise」では、地中海沿岸・北アフリカの国々のアーティストたちを訪ねた西山氏。
モロッコ、チュニジア、エジプトとおよそ1ヶ月の旅のエピソードや
出会ったアーティストたちの創作や人物像など、できたての新刊を片手にお話をうかがいます。

定員:30名
参加費:¥1000(ワンドリンク付)
トークイベントは要予約となりますので、下記リンクよりお申し込みください。(googleフォームへ移動します)
参加申し込み➡︎ https://forms.gle/USssKkHEb1MeQwC3A

/////プロフィール/////
西山 勲
1977年、福岡県生まれ。神奈川県在住。2013年5月、インディペンデント誌『Studio Journal Knock』を創刊。
世界各地のアーティストを訪ね、創作の背後にある個人の物語にフォーカスし、取材を続けている。
これまでタイ・カリフォルニア・ポートランド・中南米・ヨーロッパ・東欧・北アフリカと7タイトルを発行。
次号は、中国を特集予定。
http://nishiyamaisao.com/
http://knockmag.com/

Studio Journal Knock
スタジオ・ジャーナル・ノックは写真家・西山勲が世界各地の芸術家を訪ね、彼らの創作とともにある日常を綴る出版プロジェクトです。2013年の創刊以来、タイ・カリフォルニア・ポートランド・南米・ヨーロッパ・東欧・北アフリカを巡り、自身の手記と編集によりこれまで7タイトルが刊行されています。芸術と何か。芸術家たちとは何者なのか。創作の現場へと足を踏み入れ、彼らの言葉や考察、そして美意識に触れることでその神秘に迫ります。
http://knockmag.com