news

【gallery】笠井爾示 写真展 "Stuttgart"

写真家・笠井爾示の最新作品集となる『Stuttgart』(bookshop M)の刊行に併せ、作品集に収録されている中から厳選した作品をインスタレーションの形式で展示致します。本書は、笠井爾示が思春期にあたる10歳から18歳までを過ごしたシュトゥットガルト(ドイツ南西部の国際都市)を、新型コロナウイルス感染症が世界を覆い尽くす前(2019年7月29日から8月9日までの12日間)に家族と訪れた際に、母・久子を撮影した135枚の写真で構成されています。展示では、作品集の世界観をギャラリー壁面で表現します。本書は、2021年11月に開催された世界最大級の写真フェア〈PARIS PHOTO〉で発表され、2022年1月25日に日本国内での発売を開始しますが、本展示では作品集を先行発売致します。

///// 開催概要 /////
笠井爾示 写真展 "Stuttgart"
期間:2022年1月20日(木) - 2022年2月28日(月)
営業時間:12:00〜19:00(定休日:火曜・水曜日)
※緊急事態宣言や新型コロナウイルス感染拡大防止のため、 展示期間などが変更になる恐れがございます。 その際は当ページ並びに当店の各種SNSにいてお知らせさせて頂きます。

展示協力
KATT inc / MATCH and Company Co., Ltd. / Yosuke Fujiki Van Gogh Co., Ltd.

////トークイベント/////
「Stuttgart」刊行記念 Special Talk Event

vol.1 「写真集」とは?
作家の笠井爾示さん、造本された町口覚さんをゲストに写真集をつくる意味と作品をつくる意味を伺って参ります。
2022年1月22日(土)19:30〜
出演 : 笠井爾示(写真家)、町口覚(造本家)、黒崎由衣(book obscura)

vol.2「久子さん」を撮るということ。
写真集に文章を寄稿された大平一枝さんをゲストに迎え、母・笠井久子さんと笠井さんを紐解いて参ります。
2022年2月6日(日)19:30〜
出演 : 笠井爾示(写真家)、大平一枝(文筆家)、黒崎由衣(book obscura)

参加費:¥1200 /各
    ※1週間視聴可能なアーカイブ配信あり
場所:youtube (限定公開)
詳細&参加申し込みは
https://bookobscura.com/items/61d54e52110dda10784dfd6d

/////書籍概要////
2021年11月、世界最大級の写真フェア〈PARIS PHOTO〉で発表し、欧州の読者に好評をもって迎えられた本書は、笠井が思春期にあたる10歳から18歳までを過ごしたシュトゥットガルト(ドイツ南西部の国際都市)を、新型コロナウイルス感染症が世界を覆い尽くす前に家族と訪れた際に、母・久子を撮影した135枚の写真で構成、 対話を通して綴られた大平一枝による文を、町口覚の造本によって丁寧に編まれています。

『Stuttgart』
写真:笠井爾示
文章:大平一枝
編集・造本設計:町口覚
判型:縦255mm/横171mm
頁数:本文184頁
写真点数:135点
仕様:並製本函入り
定価:5,000円(税抜)
発行:bookshop M

購入はこちらから
https://bookobscura.com/items/61d5559f113ce069e0a616b1

/////作家プロフィール/////
笠井爾⽰(かさい・ちかし)
1970 年⽣まれ、写真家。1996 年初個展「Tokyo Dance」(タカ・イシイギャラリー)を開催。翌年、同名の初作品集「Tokyo Dance」(新潮社/1997)を出版。以降エディトリアル、CD ジャケットやグラビア写真集を⼿がけ、⾃⾝の作品集を多数出版。主な作品集に「Danse Double」(フォトプラネット/1997)、「波珠」(⻘幻舎/2001)、「KARTE」(Noyuk/2010)、「東京の恋⼈」(⽞光社/2017)、「となりの川上さん」(⽞光社/2017)、「七菜乃と湖」(リブロアルテ/2019)、「トーキョーダイアリー」(⽞光社/2019)、「BUTTER」(⽞光社/2019)、「⽺⽔にみる光」(リブロアルテ/2020)がある。2022年1月25日に、11作目となる「Stuttgart」(bookshop M/2021)を日本国内で発売。